そもそも出会いがないというのが世の独身者共通の悩み

ある程度の年齢になると恋愛ということ自体が非常にハードルが高いゲームのように思えてきます。

まずは出会いから始まりますが、そもそも出会いがないというのが世の独身者共通の悩みになっています。
私の会社にも当然女性がおり、普通の会話くらいはする仲ですが、ここから恋愛に持ち込むのはほとんど不可能に近いと思います。

理由は二つあります。

一つ目は、まだ20代ならまだしも、一定の役職が付いてしまった中年管理職である自分にとって独身女性を気軽にお誘いするのはとんでもなく勇気がいるもんです。万一振られでもして噂になったら、、なんて考えてしまうだけで心が折れてしまいます。
下手するとセクハラにもなりますし。

二つ目ですが、女性自体がいたとしても適齢期又は自分の年齢に合っていて、かつ独身であり、私の好みの女性となるとなかなかいるものではありません。実際に在席してるのは独身でも入社したての私の部下(私は良くてもどう考えても不釣り合いで振られるのは必至)と逆に私より前から在席している既婚者になりますので対象者となると世間が言うように簡単ではありません。

となると残された出会いといえばお見合いか出会いパーティになります。
出会いパーティーは私の友人のお勧めでもあり何度か参加したことがあります。

一応最終的にはカップルになるにはなりますが、その先がなかなか。
パーティーの後にお茶やノリによっては飲みにお誘いし、連絡先交換までいくにはいきます。

そして次の休みにはデートいう流れになることもありますが、これがまた続きません。相手が二度と会いたくないと思ってることがあるのは否定できませんが、私もあまり乗る気にならなくなるのです。

何ででしょうか。

いろいろ考えた末に出た結論ですが、やはり作られた環境での出会いだと、よっぽどタイプでもあり話も合うといった相手でないとそれ以上にも以下にもならないと。

逆に会社や何かのサークル活動で会った場合のほうが顔のタイプというよりは性格から好きになるケースが経験上多いのは間違いありません。
本当は自然の恋愛がしたいのです。

ということはこれから先もこういった出会いを数多く探すか職場に自分の年齢相応のバツイチ女性でも入ってくるのを期待するしかなさそうです。